なぜ、PG・SEのようにディスプレイを長時間見る仕事に携わっている人は勤怠が悪くなりがちなのか

最近良く考えることがあります。
それは勤怠の悪い人が多いことです。
そして、勤怠の悪い人は特定の人であることが多いです。
また、勤怠が一度悪くなった人はそれ以降ずっと勤怠が悪い。
なぜ、そのようなことになるのでしょうか。

恐らく、長時間ディスプレイを見ることで睡眠障害になっているからだと思います。
また、脳が萎縮していると仮説します。

以下の記事によると、一日にネット8~13時間する人と2時間以下の人との比較で、
8~13時間の人は脳の灰白質の萎縮が確認されたようです。

One set of MRI images focused on grey matter at the brain’s wrinkled surface, or cortex,
where the processing of memory, emotions, speech, sight, hearing and motor control occurs.

Comparing grey matter between the two groups revealed atrophy within several small regions of all the online addicts’ brains.

そして、長期間続くとさらに悪い影響が出てくるようです。

The researchers also found changes in deep-brain tissue called white matter,
through which messages pass between different areas of grey matter in the nervous system. 
These ‘structural abnormalities were probably associated with functional impairments in cognitive control’, they said.

いろんな脳力が低下して、最終的に脳が変化してしまうとは。。。

しかし、エンジニアをやりながら、どうにか脳力を落とさない方法はないのでしょうか。