Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

GitHubとTravis CIとSlackを連携させてみる

f:id:keiwt:20150209232711p:plain

Travis CIにGitHubのアカウントを使用してログインする

Travis CI - Test and Deploy Your Code with Confidence

Travis CIと連携させたいリポジトリの設定をOnにする

https://travis-ci.org/profile/{{githubのアカウント名}}

f:id:keiwt:20150209121450p:plain

※この時点ですでにGitHubリポジトリのSettingsのWebHookに自動的に以下の設定が追加されます。

f:id:keiwt:20150209121738p:plain

slackでIntegrationを設定する

プロジェクト名の右の↓
↓
Configure Integrations
↓
Configured Integrations
↓
Travis CI
↓
Add
↓
メッセージを投稿させたいチャンネルを選択する
↓
Add Travis CI Integration
↓
Encrypting your credentialsのコマンドをコピーしておく

travisをインストールする

$ gem install travis

Travis CIと連携させるプロジェクトのルートディレクトリに移動する

$ cd {{プロジェクトのルートディレクトリ}}

.travis.ymlにnotificationsを追記する

$ travis encrypt "{{slackのプロジェクト名}}:{{トークン}}" --add notifications.slack

※先程、設定したページのEncrypting your credentialsのコマンドです
※これで、.travis.ymlに設定が書き込まれます

language: node_js
notifications:
  slack:
    secure: XXXXXXXXXXXXXXXX/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX=
before_install:
  - gem install sass
  - gem install compass
node_js:
- '0.10'
before_script:
- npm install -g bower grunt-cli
- bower install

リポジトリにプッシュする

$ git push origin master

f:id:keiwt:20150413210041p:plain