Route53でドメインの購入・登録からEC2インスタンスのEIPを紐付けるまで

f:id:keiwt:20150211203523p:plain

本日はドメインの購入・登録からEC2インスタンスにそのドメインを紐付けるところまでやってみます。
正直、URLはAWSのpublic DNSでもいいとは思うのですが、
ドメインの購入・登録からEIPへの紐付けくらいはできないとと考えています。 実際にやってみるととても簡単でした。

それでは以下が手順です。

Route53のページにいきます

https://console.aws.amazon.com/route53/home

ドメインの購入・登録

Register Domainでドメインを登録します

※注意点としては日本の電話番号の国コードが81だという点です。
※購入が完了するとメールが送られてくるので、リンクをクリックします
※リンククリック後にドメインの登録が完了します
ドメインの登録が完了したかはPending Requestで分かります

Create Hosted Zone

先ほど登録したドメインとコメントを入力します

※Hosted Zoneとはドメインに関するレコードを格納するものです
※Hosted Zoneを作成すると、NS(Name Server)レコードとSOA(Start Of Authority)レコードが作成されます
※NSレコードは作成したHosted Zoneを登録したName Server名が列挙されています
SOAレコードはドメインのベースとなるDNS情報が書かれています
※Hosted Zone作成後はRecord Setが2(NSとSOA)になっていると思います
http://docs.aws.amazon.com/Route53/latest/DeveloperGuide/CreatingHostedZone.html

ドメインとEIPを紐付ける(Type AのRecord Setを作成する)

・Create Record SetでNameにドメイン名を入力
・TypeにA - IPv4 Addressを選択(デフォルトで選択されています)
・ValueにはEIPを記載する
・Save Record Set

※Record SetがあなたのHosted Zoneが登録されているNSに反映されるまでに30分程度かかります

f:id:keiwt:20150211111846p:plain

これでhttp://{{ドメイン名}}/で紐付けたEIPのインスタンスにアクセスできます。

f:id:keiwt:20150211115401p:plain