WOTセミナー

本日はWOTセミナーにきてみました。

Raspberry Pi 2 Model B, BeagleBone Black紹介セミナー @Pythonでプログラミング 午後の部 ② | Peatix

f:id:keiwt:20150221161802j:plain

f:id:keiwt:20150221161827j:plain

f:id:keiwt:20150221161853j:plain

セミナーが始まりました。ボードの紹介のようです。

以前聞いたHTML5 Conference2015でのスライドを思い出しました。
その時は、ODROID-U3、ODROID-C1等の韓国製の方がRasberry Pi B+より高性能だとおっしゃってました。

それでは、各ボードのご紹介を。

Arduino

・ワンクリックでソースのコンパイルからハードウェアへの焼きこみまでやってくれる
・UNOとDUEでは、DUEの方が高機能のようです。
・C++ライクなC

※一番使いやすいようです。
※jsでWOTができる。

Cylon.js - JavaScript framework for robotics, physical computing, and the Internet of Things using Node.js

Arduinoで始めるWeb技術者のためのIoT入門(2):電子回路を作る基礎を学びNode.jsでボードを操ろう (2/2) - @IT

BeagleBone

・今現在ではシングルコアのようです。
・Debianがあらかじめインストールされている
・Python使える
・Physical Computing ModuleにはAdafault_BBIO.GPIO,PyBBIO(Arduino相当)

Ubuntuも動く安価な手の平コンピュータBeagleBone Black Rev. A5CがAmazonで販売中

Rasberry Pi 2B

・クアッドコア。
・LinuxのマイクロSDカードを差し込まないと使用できない。
・Python使える。
・Rasbianをインストールするとピンを操作するライブラリが入る
・Rasbianがインストール済みのRasberry Pi 2を購入してもよい
・Physical Computing ModuleにはRPi.GPIO,WiringAPI(Arduino相当)

http://www.cl.cam.ac.uk/projects/raspberrypi/tutorials/robot/downloads/

Python

・Googleの他にも,YahooやMSN,eBeyのWebサービスにもPythonが使われていて、  
HPやIBMはハードウェアテストなどに使用されている実績があるようです
・インデントがブロック
・LLの中では処理速度が速い
・拡張子は.py

Google Python スタイルガイド — PyGuide - 2.29

ASCII.jp:Pythonが最高である3つの理由 (2/3)|山崎徳之の実践Python塾

まだ、Pythonを使ったことがないのですが、これはよさそうですね。

デモ(Python)

ラズパイにログイン
↓
import RPi.GPIO as GPIO
GPIO.setmode(GPIO.BCM) // コネクターの指定
GPIO.setup(5, GPIO.OUT) // 5番を出力として使用します(LEDを5番に繋いでおきます)
GPIO.output(5, GPIO.HIGH) // LEDが光る
GPIO.output(5, GPIO.LOW) // LEDが消える
GPIO.cleanup() // リソースを解放する

ログインせずに実行
↓
$ sudo python rpi?ファイル名.py

python - What is the difference between BOARD and BCM for GPIO pin numbering? - Raspberry Pi Stack Exchange