Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

なぜ、レモンジーナは年間販売目標を2日で達成して、生産体制の都合で販売一時停止になってしまったのかをデータで考えてみる

news.yahoo.co.jp

f:id:keiwt:20150402122258p:plain

必要なデータ

・オレンジに対する人の脳内の反応
・レモンに対する人の脳内の反応
・オレンジ×レモンに対する人の脳内の反応

・青りんご色の飲み物に対する人の脳内の反応

・キャップ・ラベル・飲み物の色の組み合わせと飲みたいかどうかの脳内の反応

・すでに飲んだことのある飲み物(オレンジーナ等)と何を組み合わせたら最も人は飲みたくなるか

飲み物は第一印象が大切です。 特に初回購入時は内容物、飲み物の色、栄養素、ペットボトルのデザイン、ラベルのデザインで購入するかどうかの判断がなされます。

2回目以降は初回購入時の満足度に左右されます。
もちろん、デザインも購入の判断要素には入ると考えられます。

今回は1度は飲んだことのあるオレンジーナにレモンを組み合わせたら?との既存×他による、新しい価値創造です。

オレンジとレモンの飲み物は確かにあまりコンビニでは見かけなかったような。

オレンジーナがうまいことも今回の販売休止の要因のひとつでもあるのでは。

あのうまいやつに◯◯◯が加わったら。

あいつにあのスキルが加わったら。

人にも同じようなことが言えるような。