仕事のモチベーションを視覚化するために必要なデータについて考えてみる

仕事のモチベーションはどのような要因で上下するのでしょうか。
一旦洗い出してみます。

「誰」とするか

  • 「誰」のスキル
・アウトプットを盛んにする or 業務で精一杯でリンクを共有するだけ
・すごいと思える能力をもっているか(尊敬できる人かどうか)
・業界で著名な人がいる or いない
↓
スキル指数

・ネガティブ or ポジティブ
↓
考え方の比率

・モチベーション2.0 or モチベーション3.0
↓
やったことは自分で考えたか、人の指示でやったか

・どんどん改善していく or 保守的
・適応能力が高い or 保守的
・議論好き or まずやってみる
↓
スキルの内容の変化率

・リーダーシップがある(先導して変化を生み出す、他の人への影響力がある) or ない
↓
アクションを起こして、他の人がアクションを起こした割合

・おもしろい or おもしろくない
↓
フリとオチのバランス

・真面目 or 不真面目
↓
マジョリティな言動・行動をする比率

・技術の取捨選択能力がある or ない
↓
新技術で何が改善したかを数値化する

・考え方が同じもしくは近い or 考え方が異なる
↓
行動を比較する
※行動は考え方が生み出すので

・異なる考え方を受け入れる or 排除する
↓
異なる考え方を否定する割合
考え方の変化率

・他の職種の人が同じフロアにいる or いない
※デザイナー、コーポレート部門、営業、エンジニア
↓
同じフロアにいる人の業種の構成比
  • 雰囲気・分化
・社内政治(誰が言うか) or 何を言うか
・感情が優位 or 論理が優位
↓
脳をスキャンして、感情の部分が活性化しているか、論理の部分が活性化しているか

・ネガティブ or ポジティブ
・楽しく仕事をする or イライラ仕事をする
↓
オフィス内の発言をポイント化して、数値化する

・オープンなスキル or クローズドなスキル
・社内だけの情報共有 or 他社との情報共有
↓
情報共有の内外比率を算出

・トップダウン or 自分で考えて行動する
・マネージャーが多い or 少ない
↓
マネージャーの割合を算出する

何をするか

・世の中を変革するための仕事 or 生活するためにしている仕事
↓
仕事をしている時の脳をスキャンして調べる

・企業特殊的な能力が身に付く仕事 or どこでも求められる能力が身に付く仕事
↓
身につけたスキルを市場で価格を付ける

・小さい範囲に絞ったこと or 何でもやる
↓
仕事を分類して、割合を算出する

何とするか

・Mac Book Pro 16GB or Windows 4GB
↓
PCを分類して、割合を算出する

・よくあるオフィス用品 or おしゃれな家具
↓
購入したところはどこか。
小売がオフィス用品を売っているかおしゃれな家具を売っているか分類する

・数万円の椅子 or バランスボール
↓
オフィス内のバランスボールやソファーの割合(座るものの中での)

・スーツ or ビジネス・カジュアル or 私服
↓
割合を算出

どこでするか

・オフィス or リモート
↓
オフィスリモートのそれぞれの割合

・流行の発信地に近いか
↓
街のイノベーション指数を決める

・近辺の雰囲気
↓
男女比率と年齢の分布

・ランチの選択肢が豊富 or 定番が決まっている or セブン
↓
社員のランチの支出先

・日当たり
↓
ルクスの時間帯による変動をグラフ化

・騒音
↓
デシベルの時間帯による変動をグラフ化

・風呂トイレ別かどうか

どのくらいするか

・高い生産性で短時間する or 低い生産性で長時間する
・高い生産性で長時間する or 低い生産性で短時間する
↓
1時間あたりの生産額と総労働時間